背中ニキビ 原因

背中ニキビを治すには化粧水とクリームで保湿が大切!

背中ニキビ保湿クリーム関連の貴重な情報を求めているなら、背中ニキビ保湿クリームについて説明しているこちらのWEBページを見てみると良いですよ!あなたが知らなかった背中ニキビ保湿クリームの情報を、どんな専門サイトよりもきちんと理解することが可能です。

TOP PAGE >背中ニキビ 原因

□背中ニキビ 原因

背中ニキビ発生の第一段階は、肌がカサついたり、ねぶそくや疲れといった物理的ストレスに、また精神的ストレスによるものです。

強いストレスを受けると、自律神経のうち、交感神経が活発に働きます。

交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、正常なホルモンバランスではなくなってしまいます。

男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらには毛穴の縮小を引き起こすのです。背中ニキビを改善・予防するのに摂ることをおすすめする栄養素としては、ひとつはビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B群です。

豚肉やレバー、乳製品などにふくまれるビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B2、カツオやマグロに、鶏指さみなどにもふくまれるビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B6には、皮脂の分泌を減らします。

かぼちゃ・にんじんがもつ豊富なビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)A、ゴマや玄米に多くある亜鉛、また、レモンやイチゴにふくまれるビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Cは、粘膜や肌を健康にし、新陳代謝をアップさせます。

肌の代謝が活発になるPM10時からAM2時の間に、充分睡眠をとるのはストレスの軽減へと繋がってきます。

ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビの原因となる糖質コルチノイドが出来ます。清潔な寝具を使い、そこでしっかり眠ることは、ストレス軽減にも役立ちニキビもできにくくするメリットの大きいニキビ予防法です。人間全ての皮脂にはマラセチア菌という常在菌が棲んでおり、これらマラセチア菌は皮脂を好むという性質を持っています。皮脂が閉じ込められた白ニキビの内部は、マラセチア菌にとって絶好の環境。ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、たくさんの皮脂を食べながら増えてゆき、皮脂にふくまれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸、つまり刺激物質に変えてしまいます。背中を洗うのは、汚れが気になるからとはいえ、垢すりタオルやボディブラシでゴシゴシ洗いをしてはいけません。

強い刺激で肌のバリア機能が低下したり、ニキビが背中にできているときには、傷を付けることで炎症をさらに悪化させてしまいます。

汚れや余分な皮脂・古い角質といったものは洗い去る必要がありますが、優しく、こすり過ぎないようにしてください。

顔や胸にはニキビなんて見られないのに、背中にできたニキビのみが悪化する人も多いようです。

顔にできるものとちがい、背中ニキビは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付いた時には慢性的な症状となっており、治療が長引くことがあります。かゆみや痛みがひどい場合は、専門医の診察を受けるようにしてください。

炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。大人に発症する背中ニキビは、不規則な生活スタイルやねぶそく、乱れた食生活などが原因となっています。自律神経の乱れが起きると、ホルモンバランスも崩れて、肌トラブルが引き起こされます。

まずは生活を見つめなおしてみてちょーだい。

ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)類を多く含んだご飯をなど栄養バランスにも気をつけ、規則正しく日々を送り、充分な睡眠時間を取ることが大事です。背中ニキビの防ぎ方を考えるとき、バスタイムに大きな原因があります。

洗顔には気を使うけど体を雑に洗ってる人は注意が必要です。

背中ニキビは、自分からは鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、見つけることが出来ないのに、背中が大きく開いた服装を着ると、他人からは割と目立ってしまう、とても面倒な肌トラブルだと言えます。

背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)C誘導体成分入りのローションや化粧水によって保湿し、毛穴にフタをしている角質を取り去るためのピーリングをメインに行ないます。

ピーリングはクリニックのみならず、自宅でも気軽におこなえます。バスタイムにピーリングクリームを使えば、古い角質を取り除くだけでなく、薬剤を肌にのこさず済みます。

入浴後に保湿を欠かさず行うことも重要です。

背中、二の腕、お尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツしたものができているときには、毛孔性苔癬の可能性が挙げられるのです。

毛孔性角化症ともいい、古い角質の肥厚化によって出来ます。

一見ニキビのようですが、ちがうのは細菌による炎症ではないところです。

その要因は遺伝的要素が強く、年齢を重ねるたびに自然に治っていることも多いといいます。



Copyright (C) 2014 背中ニキビを治すには化粧水とクリームで保湿が大切! All Rights Reserved.
top